5段階で表示です★印が多いほど状態が良好です。
発刊年代も考慮していますのでご了承ください。
全体の状態 ★★★★
外カバー 最初から無し  
 外装 ★★★★
 角つぶれ ★★★★★  
 黄ばみ ★★★★
背表紙色あせ ★★★★★
 シミ ★★★
絶版・レア本
古書市場でも結構高額です。
¥2.900 ¥400
45年4月25日から4月29日ベルリン東南部の森林帯で赤軍に包囲されていた
テオドーア・ブッセ率いる第9軍が撃破され、第12軍と合流するまでの戦いで
ドイツ陸軍・武装親衛隊・民間人が多数犠牲になりました。

この本は、その地獄の状況を当時の兵士などの証言で構成されており
真実の戦闘や赤軍の残忍性が記録されています。
著者は当時SS伍長で多くの証言を集めると共に自身も多数の証言をしています。

主な証言兵士の所属部隊
第550SS対空砲大隊
第32SS義勇擲弾兵師団 1月30日
第502SS重戦車大隊
装甲擲弾兵師団クーアマーク
第26対空砲連隊第I大隊
第21装甲師団
Schill戦闘団
その他親衛隊や国防軍将兵

ハルベ戦のリアルを研究するなら是非!


若干のイラスト




HOME

Copyright © 2004-2019 PANZERBOOK.COM . All rights reserve
 
Dorfler Verlag von Eberhard Baumgart
ドイツ 198
2002(2版) 若干の挿絵
21cmx14cm ハードカバ-
ドイツ語

Halbe 1945
Durchbruch in den Untergang

1945 ハルベ戦の証言    

HOME