5段階で表示です★印が多いほど状態が良好です。
発刊年代も考慮していますのでご了承ください。
全体の状態 ★★★★
外カバー ★★★★
 外装 ★★★★★
 角つぶれ ★★★★★  
 黄ばみ ★★★★★
背表紙色あせ ★★★★★

\6.500 \0
画家ヴィルヘルム・ペーターセンの素晴らしい戦場絵画集です。

ペーターセンの親衛隊報道絵画家時代(1939-1945)の作品集で、戦争絵画の大変貴重な資料本です。
彼の戦場絵画の作風は大変当時としては異例な画風で、他の画家は
勇ましく頼もしい兵士のイメージでプロパガンダ的な作品が多いのですが
彼の画の多くは、戦場の”悲しみ””悲壮””恐怖”など他に無い表現があります。
本来、彼の絵画はロマン主義写実主義なナチが好む画風です。

1938年作
この本は、その描き方がシンプルで逆に戦場のリアル感があります。
当時の一個人の戦争画が1冊の本になるのは珍しく貴重な1冊です。



ヴィルヘルム・ペーターセン(1920-1987)

10代の頃美術工芸学校で絵画を学び
20才の頃、反革命軍事行動組織エアハルト海兵旅団に所属、カップ一揆にも参加した彼は
絵画活動と共に政治活動にも興味があり、ナチ党入党後初期の親衛隊に入隊
ポーランド戦で親衛隊特務部隊の報道画家として戦地に行き
その後はSS連隊クルト・エッガースに在籍し、戦場や国内で絵画活動の他に
大規模な第三帝国芸術の展覧会などにも大きく関与します。
ヒムラーに気に入られ1943年には親衛隊全国指導者個人幕僚部のスタッフになります。
彼の当時の絵画(戦場画では無い)はヒトラーなどが好む画風で、彼の絵の購買者は
ヒトラーを初めボルマンやゲーリング(5点も購入)など多くの党幹部がいます。
戦後逮捕され英国の収容所で多くの尋問を受け1946年4月に東ドイツの故郷に戻りますが
元親衛隊なのでまともな仕事につけず、1950年に雑誌の表紙の仕事がみつかり
1952年に彼の人生の転機が訪れます、当時東ドイツで大人気だった人形劇ハリネズミ”メッキー”
絵本版(漫画版)の作者として12冊の本を出しました。

下は戦後時代のぺーターセンのニュースです。





180枚の絵画・




HOME

Copyright © 2004-2016 PANZERBOOK.COM . All rights reserve
 
Munin Verlag Wilhelm Petersen
ドイツ 158
1980(初版) 180の絵画
30cmx22cm ハードカバ−
ドイツ語

Er ging an meiner Seite
Zeichnungen 1939-1945

ヴィルヘルム・ペーターセン SS戦場絵画集    

HOME