5段階で表示です★印が多いほど状態が良好です。
発刊年代も考慮していますのでご了承ください。
全体の状態 ★★★★
外カバー ★★★★
 外装 ★★★★★
 角つぶれ ★★★★★  
 黄ばみ ★★★★
背表紙色あせ ★★★★★

\6.500 \0
SS第4歩兵連隊”ランゲマルク”とSSデンマーク義勇軍の貴重な資料本です。


SS戦史研究家Wilhelm Tiekeの初期の著書です。
この本の原題タイトルが示す様に、東部戦線での空輸作戦で
激戦地区に配置された部隊でした。
この両部隊の資料は大変少なく大変貴重です。

SS第4歩兵連隊”ランゲマルク”は
SS-Totenkopfverbändeを経て1940年にTotenkopf-Standarte 4 "Ostmark"として創隊され
その後ヒトラーによりSS第4歩兵連隊”ランゲマルク”の名称となりました。
レーニングラード戦などに投入されました。

SSデンマーク義勇軍は
クリスチャン・ペダー・クリッシングSS大佐(後にSS少将)を指揮官とし
1941年に編成されクリスチャン・フレゼリク・フォン・シャルブルクSS中佐など
1943年SS第24連隊として改編される迄の短期間で5人の指揮官が変わりました
(それだけ激戦地が多かった)。
デミャンスク包囲戦やノヴゴロドの戦いなどに投入されました。

81枚の写真・16の地図




HOME

Copyright © 2004-2016 PANZERBOOK.COM . All rights reserve
 
Munin Verlag Wilhelm Tieke
ドイツ 312
1971(初版) 125の写真
24cmx16cm ハードカバ−
ドイツ語

Im Lufttransport an Brennpunkte der Ostfront
Geschichte des SS IR 4 (mot.)Langemarck und des Freikorps Danmark

SS第4歩兵連隊ランゲマルク・SSデンマーク義勇軍    

HOME