¥5.800 ¥0
HOME
ドイツ軍がチェコ要塞で何をしていたか?を研究した貴重な資料写真集です。

1938年ドイツがチェコのズデーテン侵攻しその要塞で様々な訓練等が行われました。
この本はそのテーマ別に多数の未発表写真で解説します。

テーマは大きく分けて5つに別れます。
1.ドイツによるチェコ要塞の調査
アメリカ公文書館で最近発見された文書で、スパイ(ドイツ系が多い地域)を使い
要塞の詳細が報告され それを元にHDvg124(ドイツ軍の要塞攻略教本)が製作されます。
2.要塞攻略訓練
HDvg124を使いドイツの訓練施設での演習
占領地区での訓練
3.チェコスロバキア解体後の要塞使用
ドイツ軍の追加工事や要塞の外側にドイツ軍が描いたマークや迷彩の解説。
ヒトラーの視察
鉄条網の追加など。
4.航空奇襲訓練
ドイツ軍の航空機を使った奇襲攻撃の訓練でドイツ名Unternehmen Freudenthal
チェコのブルンタール郊外の野原みたいな飛行場で行われました
参加した部隊は空軍第7航空師団 と何と珍しい陸軍第22空挺師団(第22歩兵師団)
ポーランドから飛び立ち
Ju-52が主に使われ降下や着陸の訓練と要塞の攻撃訓練が実施され
後のオランダの戦いで経験が生かされました。
5.要塞の実験
ドイツ軍の工兵隊は他兵科と共同で数々の実験を試みました。
爆薬での破壊・銃器での攻撃・大砲類での攻撃・戦車などでの攻撃など
全てデータを取り本国に報告しました。
地域別の実験の模様がおさめられています
370枚の写真・多数の図や表・地図




     
     
HOME
Copyright © 2004-2017 PANZERBOOK.COM . All rights reserve
Mlada Fronta Tomas Svoboda
Jan Lakosil
Ladislav Cermak
チェコ 309
2010 370枚の写真
24cmx17cm ハードカバ-
チェコ語 新品
SOUBOJ BEZ ViTEZE
Nemecke pripravy na dobyvani cs.
lehkeho opevneni v roce 1938

ドイツ軍が使用したチェコの要塞1938