\3.800 \400
HOME
チェコのOT-810装甲車の資料本です。

第二次大戦が終わり、チェコには大量に破棄されたドイツ軍のSd.Kfz251が残され
チェコの軍隊は590両のSd.Kfz251新しい部隊が組織されました(チェコ軍の名称はOPp 3t N)
しかし1950年代になると老化し国交も無いので部品も少なくなり、新しい装甲車が必要となりました。
そこで、性能も良く長く親しんだSd.Kfz251を改良したOT-810の生産が決定しました
独自に改良し(9センチ位車体が短い)エンジンを空冷式にしたりした独自のOT-810が
1950年代〜60年代初頭までプラガとテトラの工場で1450両が生産されました。

この本はそのOT-810が詳細に研究されており
終戦時のSd.Kfz251から名称変更になったOPp 3t N、試作型・各バリエーションなど
完璧な内容となっています。


130枚以上の写真・15の図・25の表



     
     
     
     

HOME

Copyright © 2004-2017 PANZERBOOK.COM . All rights reserve
GRANDA Jiri Fryba
チェコ 144
2017 130枚の写真
17cmx22cm ハードカバ−
チェコ語 新品

Obrneny transporter OT-810
historie, takticko-technicka data, modifikace

OT-810