サイズ 横8cm 縦2cm
裏面シール 
*番号の一桁目は写真加工で赤く塗りつぶしてありますが現物には無いです。
コレクション・本やフィギュアや模型の台座に貼るなど

 
Richard Freiherr Von Rosen
   1922-2015

第35装甲連隊 III号戦車砲手
第502重戦車大隊第2中隊
第503重戦車大隊第3中隊
重戦車大隊フェルトヘルンハレ

鉄十字章(2級 1級)
戦傷章 金色
戦車突撃章 25回
ドイツ十字章金章
ドイツ連邦軍少将

ローゼン中尉は1940年第35装甲補充大隊での訓練の後、第35装甲連隊III号戦車の砲手としてバルバロッサ作戦に参加し
負傷し、回復後1942年7月第502重戦車大隊でタイガー部隊に配属され1943年1月
第503重戦車大隊の第3中隊に戦車長としてタイガーIでクルスク戦で戦いその後
タイガーIIに乗り換えバーダーボルン・ノルマンディー・ブタペストなど経て奮戦負傷し終戦を自宅で迎えました。
金色ドイツ十字章や金色戦傷賞を授かった英雄です。
(戦後、ドイツ連邦陸軍の第21装甲旅団の旅団長となり 退役時には少将でした)
   
   
   
   
Alfred Rubbel
   1921-2013

第29装甲連隊
第9装甲連隊
第503重戦車大隊(タイガーI 114号)
重戦車大隊フェルトヘルンハレ


ルッベル中佐は57両の戦車を撃破したエースで
第503重戦車大隊関連の本では殆ど彼が著書に加わっています。
入隊後第29装甲連隊・第9装甲連隊で
バルバロッサ・レーニングラード・コーカサス方面などで戦い
第503重戦車大隊の編成と共にタイガーIに登場しその
後タイガーIIでハンガリーなどで戦い終戦を迎えます。
戦後はドイツ連邦陸軍で第183戦車大隊や第214戦車大隊で指揮官を務めました。
   

Franz-Wilhelm Lochmann


 1923-?
第503重戦車大隊第1大隊
重戦車大隊フェルトヘルンハレ


鉄十字(1級 2級)
戦車突撃章 75回


Lochmann伍長は第503重戦車大隊に創隊から終戦まで
在籍し戦車長ではないですが、彼の戦車突撃章 75回の功績は偉大なものでした
(十数人しか確認出来ない)。
タイガーIとIIの無線士と機関銃士でした。


       
       
       
       
HOME

Copyright © 2004-2018 PANZERBOOK.COM . All rights reserv
e
¥4.500 ¥400
Richard Freiherr Von Rosen
Alfred Rubbel
Franz-Wilhelm Lochmann
タイガー部隊の英雄 直筆サイン
HOME