Copyright © 2004-2022 PANZERBOOK.COM . All rights reserve
\4.200 \400
ヨアヒム・フォン・リッベントロップの駐英国大使時代の報告書を研究した本です。


リッベントロップは1936年から38年迄イギリスに大使として勤務し、主な任務は独英同盟の推進でしたが
英国側から完全に拒否され、その他旧ドイツ植民地の返還交渉など多くの問題で
英国での彼の評判は最悪でした。
この本は、リッベントロップが英国を離れる直前にドイツに作成した報告書を中心に取り上げ
著者は解説します。



- Einleitung
--- Memoiren und Forschung
--- Die A.J.P. Taylor-Debatte

- London — Dezember 1937
--- Der Hauptbericht
--- Schlussfolgerungen

- Das Personaltableau des Hauptberichts
--- Lord Allen of Hurtwood
--- Lord Lothian
--- Tage der Entscheidung— Lothian in Washington im Juli 1940
--- Sir Robert Craigie
--- Sir Percy Loraine
--- Walford Selby in Portugal
--- Walter Runciman
--- Sir Charles Mendl

- Sachfragen
--- Das mogliche britische Angebot
--- Das tschechische Risiko

- Gegenstucke zum Hauptbericht
--- Washington
--- Ein britischer Kriegsplan
--- Die Grosse Allianz im Entwurf




Helios Stefan Scheil
ドイツ 185
2020
21cmx15cm ハードカバ-
独語 新品

Abschreckungsplane
Der Hauptbericht Joachim von Ribbentrops
als deutscher Botschafter in London vom Dezember 1937

  リッベントロップ 英国ドイツ大使1937年12月の報告書
HOME
HOME