\7.400 \0
HOME
ハンス・ヘラー少尉の貴重な体験が書かれています。

ヘラー少尉は全ての軍歴中ロンメルの指揮する部隊に所属していました。
この本はヘラーの体験記と彼のプライベート写真等で構成されています。

1921年ウィーンで生まれのハンス・ヘラーはHJを経て第15装甲師団第33戦車駆逐大隊に2等兵として配属され
アフリカ戦線に参加しハルファヤ峠の戦い(Halfaya Pass  英国人はHellfire Pass 業火の道と呼んだ)などトブルク戦などに参加しました。
その後優秀だったヘラーは帰国後士官の教育を受け 少尉として同じく北アフリカで戦っている第10装甲師団に配属され
数多くの戦闘に参加し重傷を負いました。
回復後、第21装甲師団の再編成にともない第192擲弾兵連隊に配属され戦車駆逐部隊の指揮を任せれノルマンディー戦に参加し
トンガ作戦で有名なペガサス橋の戦闘(この時シャーマン3両を撃破)など経てカーンやファレーズ包囲戦を戦いました。
そして後退戦時にロレーヌで捕虜となりました。
現在97歳となる著者は健在で当時の記憶も克明に記憶しているそうです。
約220枚以上の写真

1  エピローグ:ノルマンディー 連合軍の侵攻
2  戦前
3 ユーゲントから陸軍へ
4 アフリカ軍団としてリビアへ 1941年
5 エジプトでの戦闘 1941年
6 士官学校
7 2回目のアフリカ チュニジア 1942年
8 第21装甲師団編成の為フランスへ 1943年
9 D-Day 
10 カーン 1944年6月〜7月
11 ファレーズの地獄 1944年8月
12 撤退
13 1944年秋ロレーヌでの改編
14 捕虜となる
15 エピローグ

   

     
HOME

Copyright © 2004-2018 PANZERBOOK.COM . All rights reserve
HEIMDAL Hans Holler
フランス 240
2017 220枚以上の写真
30cmx24cm ハードカバ−
フランス語 新品
Sous Les Ordres De Rommel
Des deSerts d’Afrique Du Nord Aux Plages

ロンメル部隊の配下で ハンス・ヘラー少尉