¥11.800 ¥0
待望の英語版です!!

1943年10月に編成され、その兵士の約半数が16歳から18歳の若者でした。
訓練期間も短いながら、ノルマンディー・メッス・ザール・ノルトヴィント作戦・ジークフリート線・ハイルブロンの戦いニュルンベルクの戦い
など激戦地区に投入され終戦迄勇敢に戦いました。
この師団に関する本では、最高かつ唯一の内容で、創隊から終戦迄の情報が全て書かれています。


このVol.1は
1944年9月のノルマンディーからの撤退戦でのメッスの戦いからマジノ線での戦闘、
ザールへの撤退後の再編と再編成とノルトヴィント作戦後の1945年2月迄が詳細に記録されています。


全3巻シリーズです (少量印刷)
師団史本の名作本で、原書は現在ドイツでも廃刊になっており高額で取引されています。


原書Die Sturmflut und das Ende.
Band.1
ドイツ原著1976
Munin Verlag
Band2
 ドイツ原著1987
Munin Verlag
Band3
ドイツ原書1991
Schild Verlag
   


  著者前書き
1 ロレーヌとメッス
2 司令官の引継ぎ
3 Dornot橋頭堡
4 アルスの地獄へ
5 Driant砦への無駄な攻撃
6 アルナヴィル橋頭堡  Matzdorf連隊
7 南地区への進撃
8 シルニーでの戦闘
9 プルノワ=ラ=シェティヴでの戦い
10 南地区周辺の展開
11 後方部隊位置
12 ノヴェアン=シュル=モーゼル
13 100万のパン
14 指揮官の交代
15 嵐の前の静かさ
16 メッスへの進撃
17 ペルトルの空爆
18 セイユとニード川での戦闘
19 メッス最後の戦い
20 城塞での戦い
21 マジノ線
22 マジノ線での戦闘
23  ロレーヌ地区からの退却
24 マジノ線からザール川へ
25 ザール川とブリース川の間
26 ブリース地域での戦闘 
27 後方支援部隊
28 再補充と再編成
29  ノルトヴィント作戦
30 レムリンゲンへの第二攻撃
31  消えた師団長(捕虜)
 ハンス・リンゲルSS大佐
 32  司令官の交代
 33  戦闘の一時中止
 34 攻撃
 35 攻撃後
 36 ヒムラーと師団
 37 懲罰中隊(ST.-V.-Z.)
 38 脱走兵
 39 軍法裁判(脱走兵など)
 40 民間人
 41 内部事情
 42
 資料1 師団野戦郵便番号
 資料2 軍法会議の命令書
 資料3 ドイツ軍が報告した メッス戦に関する 米国誌
 スター&ストライプの翻訳
 資料4 ドイツ新聞のメッス戦のレポート記事
 資料5  師団新聞の記事 1944年9月29日号
 資料6 行進の手引書
 資料7 昇進に関する書類
 資料8 師団司令部の変移
 資料9 SS第17砲兵連隊の報告書 No.23  1944.10.18
 資料10 Leo de Laforgue(映画監督)がヒムラーに宛てた
ゲッツ・フォン・ベルリヒンゲンの映画製作の案件書
 資料11 師団書類 1944.11.27
 資料12 師団書類 1944.11.27
 資料13 師団書類 1944.11.28
 資料14 プロパガンダビラ
 資料15 プロパガンダビラ
 資料16 プロパガンダビラ
 資料17 プロパガンダビラ
 資料18 プロパガンダビラ
 資料19 フレッド・パパスSS少尉(第17SS装甲偵察大隊)の
ドイツ十字章に関する推薦書
 資料20 1944冬至時の軍団司令
 資料21  師団の人員・兵器・車両等の状況 1945.1.31
 資料22 司令官の推移表
 資料23 社会貢献と後援に関する書類 19451.30
 資料24 Die Diserne Faust 部隊新聞 1945.2.1
 資料25 師団序列 1945.3.1
 資料26 第17SS砲兵連隊の再編成
 資料27 米軍関連師団マーク
 資料27 ドイツ関連師団マーク


63枚の写真・23の地図

     
     
     



HOME

Copyright © 2004-2020 PANZERBOOK.COM . All rights reserve


J.J. Fedorowicz Hans Stober
カナダ 460
2019 63枚の写真
24cmx17cm ハ-ドカバ-
英語 新品

17.SS ”Götz von Berlichingen”
Vol.2

SS第17装甲擲弾兵師団 ゲッツ・フォン・ベルリヒンゲン師団史 Vol.2
HOME