\6.500 \0
ドイツ空軍の爆撃部隊第1教導航空団(LG 1)の貴重な1944年〜45年の資料本です。


ヨアヒム・ヘルビッヒ大佐率いる第1教導航空団(別名ヘルビッヒ戦闘隊)はポーランド戦・
西部戦線・英国空爆・バルカン・北アフリカ・ロシアと殆どの戦域に参加したエリート爆撃部隊で
当時チャーチルがこの部隊を攻撃する地上コマンドを計画する位危険視された部隊でした
1944年〜終戦までの行動は殆ど書籍にはなっていません。

著者Helmut Reicheは、第II飛行隊のJu 88のパイロットで少尉でした。
爆撃パイロットになる為の各種訓練から始まり、部隊配属1944年1月から終戦までの詳細が
多数の未発表写真と共に記載されています。
この時期の部隊行動の他にも、Ju88の特性や欠陥などもパイロットならではの視点で
書かれおり貴重です。



約230の写真や図面など




   
   
   
   
   







HOME
Copyright © 2004-2021 PANZERBOOK.COM . All rights reserve
VDM Helmut Reiche
ドイツ 154
2000 約230枚の写真
30cmX22cm ハードカバ−
独語 新品

Kampfeinsatze der Helbig-Flyers
1944/45

ヘルビッヒ戦闘隊の戦闘任務 1944-1945
HOME